インスタ認証バッジを持っているのが理想的

インスタグラムを閲覧しているとアカウントの隣に青色のチェックマークが付与されていることがあります。
この青色のチェックマークは認証バッジと呼ばれるものです。
2014年の12月にインスタグラムに取り入れられました。
この認証バッジはインスタグラムがインフルエンサーや著名人、世界的に有名な企業やブランドなどの公式のアカウントであることを認定されていることを証明するものになります。

実はインフルエンサーや有名ブランドのアカウントは閲覧する人が、なりすましの被害に遭遇するリスクが比較的高く、好きな有名人だと思って閲覧していたら実はなりすましのアカウントだったということが少なくありません。
そういった目に遭わないためにインスタグラムで閲覧したいアカウントが公式のものなのかを見分けるために認証バッジが付与されているのです。
認証バッジを持つことができればインスタグラムを運営する企業が公式のアカウントであることを認定してくれることになるため閲覧する人達に信頼される1つの要因となります。

認証バッジを持つ可能性を高めるためには、外国からのフォロワー件数が多いことや有名なグループに所属していること、外国の企業であること、フォロワー件数が1千万人以上であることなどの条件を満たしていることが望ましいです。
中でも外国からのフォロワー件数が多い企業は認証バッジを付与されやすい傾向にあります。
また企業においては外国の企業であった方が認証バッジを持ちやすくなっていて例えば日本にある本社のアカウントは認定バッジを持っていないのに、その企業のブラジル支社のアカウントには認定バッジを持っている事例があることからも予測できる訳です。

認証バッジを持っているとできることとして挙げられるのがリンクをストーリーに追加することが可能であるということになります。
インスタグラムのストーリーに優先的に、このような新しい機能が利用できるというのも認証バッジを持つメリットの1つです。
またフォロワーに対する大きな影響力を与えることができるというのもメリットの1つとなります。
認証バッジを持っているアカウントは既に良く知られている有名人や企業、ブランドなどであることが多いので、元々大きな影響力を持っていますが認証バッジは取引先との距離を更に近くするのです。

インスタグラムは閲覧することが無料でできますしコメントを残すこともできます。
ですので、その企業が提供する商品やサービスを紹介すれば閲覧する人は購入するための行動を起こすことが期待できるのです。
そのためインスタグラムのアカウントは認証バッジを持っていることが理想的であるということができます。