Twitter自体はビジネスで活用できる?

ネット上には様々なサービスが展開されていますが、その中でもビジネスと密接に関係のある媒体というのがSNSです。
色々な種類が存在しますが中でも手軽に短い文章で情報を発信できるとして評判なのがTwitterです。
文字数に制限があるというデメリットがありますが、この機能を逆手に取って上手く活用すれば、短い文章でよりキャッチーな宣伝文句を考えることができるようになります。
一般的には分かりやすくたくさんの情報が詰め込まれている方が、ユーザーに優しいように思われがちです。
しかし、広告の代表格であるテレビコマーシャルは基本的に15秒から30秒程度ですし、大手ポータルサイトに掲載されているバナーというのも、それほど巨大なわけではありません。
狭い範囲の中で効率的にメッセージを伝えた方が、より印象に深く残りやすい場合があるのです。
これがビジネスとしてTwitterを利用する際の活用ポイントとなります。

また、Twitterは利用者の年齢層が幅広いのもビジネスに活用できるメリットとなっています。
このメリットはマーケティングに大いに役立ちます。
例えばキーワードを検索すれば、そのワードがどのように使われていて、誰の興味を惹いているのか情報収集を行うことができます。
ライバル企業の情報もすぐに出てきますので、フォローの数や「いいね」の多さによって、ある程度の調査が可能です。
独自でTwitterのアカウントを作って運用する際、ビジネスだけに偏った内容でなくても構いません。
例えば開発をしているスタッフのプライベートな事情や、飲み会の様子などをアップすれば、空気の良い会社であることをアピールすることもできるでしょう。
ユーザーは宣伝文句というのが表向きであることを重々承知しています。
企業の内部の雰囲気を情報として発信することで、遠回しに親しみやすさや信頼性をアップすることができるわけです。

企業だけでなく個人事業を行っている人もTwitterは大いに活用できます。
企業のように広告を打ったり、宣伝活動を幅広く行う予算や人員がなかったとしても、Twitterのアカウントがあれば地道に広報活動が可能です。
個人事業を行っている人は特に、地元のユーザーに愛されたいと思っていることでしょう。
地域情報というのもたくさんの人がつぶやいていますので、検索によって地元に近い情報ページを割り出すことができます。
そこで自分のビジネスをアピールすることができれば、そのつぶやきに対するレスポンスの量によって、顧客獲得の見込みを立てることができます。